委員会紹介:会員交流委員会

MENU [+][×]

2018年度 会員交流委員会事業計画

【委員長】丸山 佳祐 
【副委員長】多田 ひろみ

基本方針

(一社)妙高青年会議所は、42年という歴史の中で先輩諸氏の想いや教えを受け継ぎ、地域のために活動してまいりました。この妙高地域に住まう人のため、まちのためにより良い事業を展開していくには、メンバーの責任感と熱い想い、そして団結することが必要です。とりわけ人と人とが、想いを共有し一丸となったとき、個人では出せない可能性が生まれます。一人では不可能なことも、多くの同志との挑戦により成し遂げられるのではないでしょうか。より良い事業を創りだすために、交流を通じて友情を育み、共に汗を流し活動することが大切です。そのためにはメンバーに情報を共有し例会への出席率を上げ、会員相互の信頼関係を築くことに努めます。また、団結力と同等にメンバー個々の資質向上も欠かせません。入会歴の浅いメンバーが約半数を占める現在、先輩諸氏から多くの学びを得たメンバーが、若手メンバーに想いを継承し、互いに修練を重ねた先に、事新しいアイディアが生まれると考えます。青年会議所で学び、行動することにより我々の理想とする明るい豊かな社会が実現していくのではないでしょうか。

これまで以上の活動へと昇華させるためにも、多くの志高いメンバーの力が必要です。近年の当組織の会員拡大活動を絶やすことなく、LOM一丸となって取り組むことが最善だと考えます。会員交流委員会として新たな候補者の発掘に尽力し、また、メンバーの会員拡大における高いモチベーションを維持できるよう候補者リストを作成し、それを周知しながら、各メンバーと協力していきます。もちろん当委員会が引っ張っていけるよう先陣を切って拡大活動を進めていきます。

以上を踏まえ、本年度スローガン「Challenge!~自己とまちの可能性を信じて~」のもと、メンバー相互の信頼関係構築や資質向上に全力を注ぎ、同志と共に情熱を持って活動し、壮麗な(一社)妙高青年会議所になるよう、委員会メンバー一丸となり挑戦していくことをお誓い申し上げ、基本方針といたします。

目的

1.会員同士の交流促進。
2.会員の資質向上と拡大。

備考

・シニア交流ゴルフコンペの実施。
・県内各LOM周年事業のアテンド等。
・ブロックバスケットボール大会のアテンド。

ページの先頭へ