委員会紹介:総務委員会

MENU [+][×]

2017年度 総務委員会事業計画

【委員長】村越 勝彦 
【副委員長】阿部 秀樹/相羽 洋平

基本方針

本年度(一社)妙高青年会議所は地域を背負う青年世代として、スローガン「プライドと責任感を胸に全ての仕事に注力せよ!~やがてそれがまちの力となる~」を掲げ活動を展開します。このスローガンを達成すべく、我々総務委員会は妙高青年会議所の運営を担う重要な立場であることを自覚し活動します。敬愛する先輩諸氏は、それぞれの時代毎に幾多の困難を乗り越えながら「明るい豊かな社会の実現」という変わらぬ想いを胸に妙高地域のため邁進してこられました。この伝統を受継ぎ、本年度活動する同志が足元を気にせず青年会議所活動に全力で取り組むことができるよう総務委員会はLOMを支える強固な土台となります。まずは活動の根幹となる例会、総会、理事会など諸会議の設営及び運営を確実に行います。これら各会において、メンバー同士が意見交換をすることで自己成長への気づきを得られると考えます。より多くのメンバーが顔を合わせることができるよう、積極的な参加を促し出席率の向上に努めます。次に一年を通し委員会同士が協力し合い、事業活動ができるよう各委員会との連絡を密にとります。信頼関係の構築と連携を強化することで、あらゆる問題に対応できる組織運営を図り、効果的な事業展開に繋げます。また認知度の向上も地域との連携を図るうえで大切な職務と考えます。ホームページ、SNSの迅速な更新と会報「清流」の発行により、妙高青年会議所の最新情報及び活動報告を発信します。我々の活動をより一層ご理解いただくことで地域との交流、及び先輩諸氏が築いてこられた各種団体との更なる連携強化を図ります。

以上を踏まえ、(一社)妙高青年会議所がメンバー同士互いに研鑽し合い成長し、このまちの力となる活動ができる場となるよう、総務委員会一丸となり邁進することをお誓いし基本方針といたします。

目的

1.例会、総会、理事会等の円滑な運営
2.組織の認知度向上を図る

備考

・各会議の運営、ホームページとグループウェアの管理、対内紙清流と対外紙清流の発行
・県内LOM周年事業のアテンド等

ページの先頭へ