最終更新日:2016年11月5日

2016年度 総務委員会事業計画

 

委 員 長  吉田 正和
副委員長  水嶋 貴之
副委員長  小林 睦実
副委員長  横尾 隆幸
 

~基本方針~

 昨年、一般社団法人妙高青年会議所は創立40周年を迎えることができました。我々はこの40年という長きに渡り、創立当初から「明るい豊かな社会」の創造を目指し活動してこられた先輩諸氏から想いを継承し、現在も活動を続けております。先輩諸氏がこれまでに積み重ねてきた「歴史」と「想い」を絶やすことなく、これからも故郷(まち)のために確りと次代へ繋いでいく責任が我々にはあります。そのためにも今一度メンバー一人ひとりが想いを一つにし、より強固な組織作りをしていく必要があると考えます。
 昨今、当青年会議所では会員拡大に力を入れており、大幅な会員数増加の成果を上げております。結果、年齢層の広がりや所属業種においての多様化が進み、そこから生まれる斬新なアイデアなどをきっかけに、今後これまでとは違った視点から全く新しい事業の展開が期待できます。一方で、経験の浅いメンバーが半数以上を占めているということも現実です。在籍年数が浅いということはそれだけJCメンバーとしての知識も乏しく、当青年会議所の将来を見据えるならば、一日も早くメンバーとしての責任感を持ち、知識を高め、力を発揮してもらう必要があり、また、そのような自己研鑚の過程で得た知識や経験を次の世代に伝えてもらうことも必要です。このようなスパイラルを組織内に定着させ、メンバー一同が足並みを揃えて活動できるようにしていくためにもまず、青年会議所の根幹である例会、総会、理事会等の各諸会議の設営及び運営を確実に行い、併せて出席率向上を図るための参加推進活動を行うことで、多くのメンバー同士が相互理解を深め、意識を共有する場を提供できるよう務めます。次に、各委員会と密に連携を取りながら、年間を通じ数多くある事業すべてを確りとサポートし、円滑な組織運営も図ります。更に清流の発行、ホームページの迅速な更新を行い、活動を広く発信することで認知度向上を図り、地域の皆様や関係各位、関係諸団体により一層の理解を深めていただけるよう活動してまいります。
 総務委員会として、LOMを縁の下で支える立場であると自覚し、「故郷(まち)の未来」のために、先輩諸氏が積み重ねてきた歴史と想いを大切にし、各委員会が全力で事業を展開できる土台になれるよう委員会メンバー一丸となり活動することをお誓い申し上げ、委員会基本方針といたします。
 

○   目的

1.例会、総会、理事会等の円滑な運営。
2.組織の認知度の向上を図る。

メンバー紹介

委 員 長

吉田 正和(よしだ まさかず)

副委員長

水嶋 貴之(みずしま たかゆき)

副委員長

小林 睦実(こばやし むつみ)

副委員長

横尾 隆幸(よこお たかゆき)

幹  事

鶴田 健吾(つるた けんご)

委  員

荒井 良輔(あらい りょうすけ)

委  員

宮崎 和哉(みやざき かずや)